セキュリティ心理学とトラスト

情報処理学会にて、「情報セキュリティ心理学とトラスト(SPT)研究会」が平成23年度(2011年度)に設置された。
この研究会は、
「従来、情報セキュリティでは、技術的な対応を行うことで安全・安心な環境を利用者に提供できるとの考えから、主に工学的観点から研究が行われてきたといえます。 しかしながら、攻撃者の中に被害者の心理学的な弱点を利用する「ソーシャルエンジニア」が台頭し、インシデントの対応においても、心理学的な側面を考慮せざるを得ない状況が発生しています。 今後の情報セキュリティは、より心理学的側面へ配慮した研究が求められていると言えます。」とあり、工学的なアプローチよりも心理学的なアプローチによる研究を目的としているようだ。別に、情報処理学会には、「コンピューターセキュリティ研究会」があり、ある。

他には、電子情報通信学会の基礎・境界ソサエティには、「情報セキュリティ研究会」と「技術と社会・倫理研究会(SITE)」が設置されている。

また、日本セキュリティ・マネジメント学会は、1986年5月に設立されており、「情報システムのセキュリティ全般に関する学際的、業際的な調査研究を実施し、より健全な高度情報社会の構築に貢献することを目的とする。」が設立趣旨である。よりわかりやすくキャッチフレーズを設けており、「法・経営・技術・倫理の融合する情報セキュリティ総合科学の創造」とある。

海外では、この分野の国際会議は、下記のものが主要な会議とされているようである。

SOUPS(Symposium On Usable Privacy and Security)
 SOUPS 2007 at Santa Clara, California, USA.
SOUPS 2016 at Denver, Colorado, USA.
SOUPS 2015 at Ottawa, Canada.hosted by Carleton University
SOUPS 2014 at Menlo Park, California, USA.hosted by Facebook
SOUPS 2013 at Newcastle, UK.hosted by Northumbria University
SOUPS 2012 at Washington DC, USA.hosted by AAAS(AMERICAN ASSOCIATION FOR THE ADVANCEMENT OF SCIENCE)
SOUPS 2011 at Pittsburgh, PA, USA. hosted by Carnegie Mellon
SOUPS 2010 at Redmond, WA, USA. hosted by Microsoft
SOUPS 2009 at Mountain View, California, USA, hosted by Google
SOUPS 2008 at Pittsburgh, PA, hosted by Carnegie Mellon
SOUPS 2007 at Pittsburgh, PA, hosted by Carnegie Mellon
SOUPS 2006 at Pittsburgh, PA, hosted by Carnegie Mellon
SOUPS 2005 at Pittsburgh, PA, hosted by Carnegie Mellon